古本 フリマ 散歩


by souslecieldetokyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

oonokun's music

 oonoくんの音楽。

 自慢じゃないけれど、私の友達にはたくさんのスバラシイ才能の持ち主がいる。私を除いてほぼ全員がそうである、と言っても過言では無いくらい。私なぞ器用貧乏もいいとこだから、全てが中途半端でモノに出来たためしがなく、何かに絞ってそれを追求し資格取得なり生業なりに出来ている友人達って、心底スゴイと思うし、大切にしたいと思っている。お願いですから友達で居させてください、揉み手スリスリ、って感じなのだ。

 で、oonoくん。
 彼はミュージシャンなのだけれど、最近新作アルバムを発表したのです。
 本当はタスマニアFMでDJをやっているアニメオタク、Jポップフリークのオーストラリア人殿と、その記念ライブに行こうと思っていたのだけれど、何やら用事が出来たとのことで振られ、バイト仲間のお姉さま方達が来ること知っていたので、会場で落ち合うことにして、一人ひょっこり行ってきた。
 会場は渋谷0-nest。
 はるか昔オンエアーeastには何回か通ったことあったはずなのに、久々のラブホテル街に圧倒され、しばし漂流。ひー怖かった。
 
 懐かしの(でも思ったより煙モクモクでなく、健全な)ライブ会場の雰囲気。それでもいっちょお酒の力を借りないと~と思い薄めのカクテルを頼んだが、空きっ腹にぐびぐび飲んでたらあっという間に頭が回りだし、ただの酔っ払いオバサンの出来上がり。
 2バンド目の演奏を上のバーフロアでやっているらしきだったのに、民族大移動に乗り遅れその場から動くことすら出来ず、3バンド目のセッティングや、チューニングから派生してのリハ、セッションもどきを聞きながら、ぼんやり佇んでしまった。。。6階でやっていた女の子、なんかすごく良さそうだったのに…残念。。。
 (私のように足に接着剤が付いてしまった人はでも他にちらほら居て、例えば渋谷モヤイ像前で待ち合わせしている人たちが互いに言葉無く観察しあって、なんとなくの輪が出来るみたいに、不思議と居心地の悪くない空間ではあったのだけれども。)

 そう、で、oonoくん。
 そのライブ行ったせいもあるし、その時会場で初期作品集を入手したせいもあるしで、ここのところずっと彼の音楽を聴いている。
 チビなど、かかっていると「これ、oonoくん?」とすぐ反応。ちなみにSLEEP WHALEは彼のお友達の音楽、ってことになっている、チビによると。恐るべし!


 ずーっとずーっと例えると何だろう、言葉にすると何だろう、って思っていたのだけれど、今日お風呂の中でやっと思いついた。
 彼の音楽は、私には、見開きの、白い漫画か絵本のイメージ。何もかも白く、何も描かれていない、もしくは書かれているもの全て白の絵の具で塗りつぶされてしまっている、そのもの。白の紙、一ページ。
 
 大島弓子の有名な作品の好きなシーンに、一こま丸々黒の闇の中を、白のネグリジェを着た乙女が逃げて走るところが描かれた場面があるけれど、ちょっとそれに近い。
 もしそれに重ねれば、しろい太陽みたいに眩しい目くらましの光線の中、その主人公は、天を仰ぎ、光を片手で遮りながら、それでいて泣けて泣けて、苦しくて苦しくて、喘ぐように胸で大きく息をしている。もしくはもっと突き抜けて、哀しみも涙も透明になって微笑んでいるか…。

 個人的な心象風景だと、浪人時代の夏の江ノ島の海、ってのにも似てるし、行ったことのない北欧の寂れたカフェ、ってのも浮かんでくるし、香港のSOHOあたりの深夜2時、ってのも近いかなあ。壊れかかった片目の見えないロボットが夜ごと見る砂嵐の夢、とか、バイト帰り バス停で眺める 雨に濡れた車道に揺らめく看板のオレンジ色、お祭りみたいな、とか。。。

 疾走感、喪失感、は絶対なキーワードと思う。
 柔らかくて激しい祈り、も。


 幼稚園の送り迎え、毎朝のお弁当作り、ママ友との子育て愚痴話、日々の、なんにも広がり様が無い生活のなかで、彼らのグループがやっているような音楽が存在するということを知ったことは、私にとって実はちょっとした事件だったのだ。


 なにやら上手くまとまらなかったけれど、とにかく言いたかったことは、彼の音楽が大好きだということと、私は私の友人達に感謝しているということ か。?。
 それからついでに、何故かエレカシの色褪めた黒のTシャツを「すっごく格好いいじゃん」と言ってくれるような、着々と面白く育っていく娘への、尽きない“アイシテル”を…。

 明日は四回目の初級成人水泳。
 贅肉ゼロのビキニ青年バイト先生に負けずに、頑張るぞー!(特に背泳ぎ)。苦笑。。
[PR]
# by souslecieldetokyo | 2010-05-26 23:00 | 日々是雑記

古本雑記 4月③

 歯医者の帰り、4月三回目の古本。

 いつもの店の、100円本 
 大江健三郎 僕が本当に若かった頃
 るちみ・るちるち 山村暮鳥童話集

 特急ワイン街道 ブルゴーニュの蔵元を訪ねて 南川三治朗
 ワイン好きの韓国人ファミリーと、いつか行こうねと“約束”があるため、その下準備として購入。でも、普段はスーパーの安いワインばかり飲むので、ボルドーのが我が家の主流。。。年に二回のバイト先の食事会でご馳走してもらう、星付きレストランで供されるブルゴーニュ産ったら、最高においしいの知ってるんですけれどもね、涙。

 柳「如糸」(りゅうじょ)降る北京より 陳真
 前々からこの存在を知っていたのだけれど、何故か今回手に取る。解放直後北京放送にて日本向けラジオのアナウンサーとなった女史の半生。NHKテレビ・ラジオ中国語講座講師でもあるそうな。

 バースディ・ストーリーズ 村上春樹編訳
 最近ハルキ付いているため、一応ね。
 やっとこ「ノルウェイの森」しかも上巻のみ読了。思ったより“ハルキ”っぽく無かったし、バイト先マスターの言う“学生運動そっちのけでHばかりしている小説”とも全く違ったし、百文は一読に如かず、ですね。
 帯に書いてある通り、100パーセントの恋愛小説、しかも幾分自伝的な、というのがやはりしっくり来る。
 直子や緑との複雑な関係、神妙で精神的で精密な性の描写なんかは、大江健三郎らしさすら感じさせた。それらにまつわる固有名称なんかも同じ様だったし。
 心象風景は四国の森、ではなく、井戸、や草原の風景、だったけど。
 それから、音楽。これは本当に、欠かせない要素で換わらない。知っている曲についてはそのまま頭の中にそれを流せばよいので無問題だが、知らない曲やうろ覚えの曲については、非常に気に掛かり、困る。最新作でも同じ社会現象が起こってますね。
 そうそう、トーマス・マン「鷹の山」やフィッツ・ジェラルド「グレート・ギャツビー」も忘れずに読まなくては。
 さてはて、下巻はいつ読める?

 笑芸人2002冬号 
 なんとなんと、山下達郎と昇太のお笑い対談が載っている!
 “ヤマタツ”が目白の高田中学校出身だったってのも初耳だったし、お笑いマニアもあそこまでだったとは、驚きだった。でも、彼のラジオの話しぶりを考えれば、頷けることか。
 「黄金餅」をラップにして作った、とか、TBS「おはよう名人会」を全録画してあるとか、うーむ、さすが!
「寝るときに聴くのは志ん生さんって決まってるんです」ってのには、思わずニヤリ。
 ちなみに昨日私が聞いたのは「駒長」。
 あんな卑怯な男と女の駆け引きの話だというのに、きっちり“くすぐり”その他で笑わせてくれるし、じょうはっつあんの大阪弁もいいし、偽の夫婦喧嘩の際の「お稲荷様の御札如何でございましょうかね」、なんて最高に可笑しい。
 見るものが何も無くて、昔撮った「風呂敷」も昨日見た。いささか修正の跡、不自然さを感じないでもなかったけれど、貴重な映像だし、やっぱり最高。これと「蟲」、早くipodに入手した~し!!
[PR]
# by souslecieldetokyo | 2010-04-27 21:10 | 古本

台所のかみさま

 我が家には台所に神様がいる。

 せまい台所の入り口に、じゃらじゃらしたビーズの暖簾が掛かっていているのだけれど、普段料理の運びに邪魔なので、一つに縛ってある。
 神社でお参りする際の“鈴付き縄”にそっくりということで、チビが日々、ゆすっては何やらむにゃむにゃ願い事をしていたのがきっかけで、それを母子はいつしか「台所の神様」と呼ぶように。

 中国ではもちろん「竈の神様」「台所の神様」はちゃーんと存在して(「玄関の神様」も有名ですね。)、これといって珍しいこともないけれど、家の「台所の神様」は、喫茶店マスターのダイエットの成功やら、友人たちの活躍やら、就職活動の成功、両親の旅の無事等々、台所とはとんと関係ないことばかり願い事されて、だぶん大弱り、ご利益期待するほうもどうかしていると思うけど。
 じゃらじゃらの上に、神棚、作ったほうが良いか知らん。


 そういえば、たまたま今日夕方NHKをつけたら、「トイレの神様」なる歌が流れていた。水木大先生の本に出てくるようなトイレにいる妖怪のことではなくて、その歌では、トイレには「女神様」がいて、毎日きれいに磨くとその女神様のごとくべっぴんになれるんだ、そうな。それを教えてくれた、亡きお祖母ちゃんに寄せる追悼ソングでした。

 「水曜日の神様」というのもありますね、角田光代。まだ未読ですが、タイに存在する、「曜日の神様」のことのよう。
 香港では、「生まれ年の神様」ってのもいたしな。

 八百万の神様が存在するこの国、この地球、“素晴らしきこの世界”(真心ブラザーズ)!



 追記
 台所といえば、何より秀逸なタイトル、
 谷川俊太郎氏の詩集、「夜中に台所でぼくはきみに話かけたかった」。
 スバラシキ 老年の 恋のオモイ。
[PR]
# by souslecieldetokyo | 2010-04-14 23:02 | 日々是雑記
 今日は幼稚園の初日。9時登園。
 前から予約したあった通り、9時半待望の歯医者。虫歯2本、まあそんなとこだろうと思ってた、3年前くらいからチョコレートが歯に沁みてたもんな。
 かっきり1時間半かかり、ガリガリ、ゴンゴンやられる。星が、ノイズが、脳内宇宙に飛ぶ。11時終了。
 11時20分お迎えの為、時間調節。
 歯医者から幼稚園に曲がる角の間には、3、4軒の古本屋があるからね。

 で、“幼稚園初日”の古本。
 ふふふ。
 
 
 50円文庫
 サンフランシスコがいちばん美しいとき スーパーガイド西海岸の旅 丸元淑生(BSでやってる好きなドラマ、“ミスターモンク”に敬意を表して!?)
 お江戸でござる 杉浦日向子(何でこれ、持っていなかったんだろう??)
 四季のいけばな花材 カラーブックス(“いけばな”しないけど、花の名前と、何科が写真付きで載っていたので)
 小さな貝殻 母森瑶子と私 M・ブラッキン
 消える上海レディ 島田荘司(冒頭の、昭和13年12月14日、という日付にも、解説にあった田村俊子の名前にも心惹かれて。でもまあ、冒険推理ものですね。)


 50円単行本
 長安から河西回廊へ シルクロード第一巻 陳舜臣・NHK取材班
 辻邦生 パリの手記Ⅰ 海そして変容 
     パリの手記Ⅱ 城そして象徴(ちょっと前NHKで彼についてセカチューの作者殿が語っていた番組をやっていて、彼の人生に、書くものに、興味を持ったので。)


 関係ないけど、そこの歯医者は超普通の民家で(の一階を改装して)やっていて、知らなかったらお世話になることも無かったと思うが、腕の確かさと人格の良さを知っていたので、今回から通うことにした。
 奥の窓側の椅子に座ると、庭が見える。
 その庭が、それこそアリエッティが居てこっちを伺っているんじゃないかと思わせるような、もしくは佐藤さとるのコロボックルの世界そのもので、口ゆすぎの度に目をやっては、心奪われてしまった。
 
 小人、なんて、この年になって信じるのも勇気がいることだけれど、 
 あの歯医者のあの庭になら、住んでいても可笑しくないかもな、アリエッティの末裔。
[PR]
# by souslecieldetokyo | 2010-04-09 21:24 | 古本
 2010年4月8日、チビの入園式。
 今日は彼女は興奮しすぎと昨日の早寝のせいで、5時半起床、6時朝御飯の大張り切りぶり。言うこと聞かず動き回ってばかりで、ロクな写真も撮れなかったのが残念…。でもまあしょうがないですね、所詮コドモなんてそんなですね。

 文体にすぐに影響されてしまうのは、かの大江健三郎まで、「夕子ちゃんの近道」の解説の中でそう書いておられることなので、特別私だけなわけでもあるまいが、これは村上春樹です。
 ひょんなことから、井の頭公園のカフェで、私のもとにやってきた、この本。
 村上朝日堂ジャーナル うずまき猫のみつけかた

 ノルウェイの森(赤)も50円で見つけたし、その前行ったジブリの美術館で貰った小冊子にも村上春樹特集載っていたし、ちょっとしたブーム到来。かなり遅めの、そしてかなり小さめのですが…。
 猫のことも、JAZZのことも、日々のことも面白く読みました。でもやはり一番は「小確幸」。小さいけれども、確かな幸福。それを見出すための、自己規制みたいなものの存在。J・Jの買い物の仕方にも共通してます、もちろん私の人生も、ほとんどこのことだけのために回ってますしね。
 偽っこ文体終わり!


 そういえば、「櫂」読了。
 巴吉太夫が綾子を産むところくらいから、物語ががっと動き始め、そこからはあっという間読んだ。
 しかし、人生9勝6敗のセオリーからいくと、綾子にのめり込み過ぎたのが、喜和の後半の負けを引き込んだのだろう。しかし血の繋がらない関係を本物の親子のものにするには、喜和にはそうすることしか出来なかったことを思うと、何やら哀しい。

 続けて、「寒椿」読む。まだ一人目。(四人の芸妓子が出てくる)


 入園祝いの古本
 The Christopher robin story book+ by a.a.Milne
 I CAN FLY Ruth Krauss (ラブリー、文句なし。)
 A CLEVER LITTLE GIRL LIKE LOTTA(映画のロッタちゃんが大好きなので、いたく喜ばれる)
 おおかみと七ひきのこやぎ フェリクス・ホフマンえ /せたていじ やく(グリム童話などの名作を、安物じゃない絵の絵本で揃えていくのも、私にとって“小確幸”。)


 便乗の100円古本
 猫 ジョルジュ・シムノン (帯の都筑道夫のコトバ、「この本をもっと若いうちに読んでいれば、結婚なんかしなかったのに。」には、ゾッ。シムノンはミステリー以外にもいろいろ書いていたから、これも小説風のものと思うが、それにしても、ミステリー以上に身の毛のよだつ…。)
 猫に紅茶を 生活に刻まれたオーストラリアの歴史 藤川隆男(タイトルでやられました。)
 ウォン・カーウァイ ジミー・ンガイ
 九龍塘の恋 ポール・セロー(旅行記以外で読むのは初めてだが、香港を題材にしているなんて、ニクイ。やりますな。)
 鳥頭紀行 くりくり編 西原・ゲッツ・鴨(チビがわりとアニメ「毎日かあさん」が好きで見ているのだが、つい先週カンボジア旅行の回をやっていて、彼ら、昔出家して出家名を貰ったそうな…、その旅行話が載っている編だったので。でもそれより何より、里帰りして春キャンプした際、テントのチャックを閉め忘れ、参加一族全員ヤブ蚊に教われ全身刺された痕で血だらけになった漫画の絵、怖くて、夢に出そうでした。)


 図書館の本
 床下の小人たち メアリー・ノートン
 小学生の頃地元の図書館で借りて、相当面白くってわくわくして、全シリーズ読んだはずなのに、内容をほとんど忘れており、もちろんジブリの次回作の原作がこれなので、読み直すことに。文庫で3冊持っているのだけれど、やっぱり、文庫より断然、単行本ですね、表紙の黒の感じが最高に素敵。
 覚えているはずの、ミシン糸(糸巻き)を借りてくるシーンがなくて、記憶って作られている…恐るべし…、と思う。きれいな絵の張ってある天井を見つめる場面は、かろうじて合っていたけれど。
 人間(インゲン)の男の子と会って、世界が変わるアリエッティ。
 「ふたりの、いっしょにさぐった世界は、どんなものだったでしょうーアリエッティにとっては、未知の世界ばかりでした。アリエッティは、多くのことを学びましたが、学んだなかには、信じられないこともありました。アリエッティは、こんどこそは、じぶんたちの住んでいる地球が、まえ考えていたように、小人のために、宇宙をめぐってまわっているのではないということを、思いしらされました。」
 ここのところでは、年下の友人のo君のことを思い出す。そういえば最近、宇宙について考えているって言ってたなあ…。

 余談ですがこのo君、非常にタレンティブなミュージシャンなのだけれど、今まで見たことないくらいジェントルでナイスでグッドマン。でも、「よんじゅっさいもんだい」で角田光代が言っていたように、「本当に“悪いおとこ”とは、善人のことだ」ってのも真実だと思うので、彼にはもっと悪人の部分を頑張って放出して欲しいと願う、オバチャン心。
 でもまあ大丈夫だろうな。暗黒の中で台風みたいに蠢く、宇宙くらい大きな闇の部分を、彼もきっと持っているはずだから。だから、音楽、やっているんだろうし。


 あともう一つ、(今日は長いなあ、)
 ジブリの美術館の本屋さんに飾ってあった、ユーリ・ノルシュテインの(確か)「おやすみなさい子供たち」の絵。だーいすき、と思ってユーチューブで見られますよと教わって見ようとしたのに見られない。そいで代わりに、「屋根の上のポムネンカ」のDVDを手に入れようと思い立ったのだけれど、それも発売していないと云われてしまった、残念。
 この2作にも、床下の小人たちにも共通するけれど、どうして不揃いの、縁欠けの、オモチャの陶器のカップや指貫で お茶を飲みお菓子を食べる人形、ぬいぐるみのパーティーって、こんなにもあんなにも私の心を躍らせるんだろう。
 イギリスのスリフトショップにでも行って、思うまま手当たり次第そんなものを買い物したいなあ~、いつの日か、ってこれは大確幸。
 

 おしまーい!
[PR]
# by souslecieldetokyo | 2010-04-08 23:15 | 古本