古本 フリマ 散歩


by souslecieldetokyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

絵本 よんさつ

 いつものごとく児童書半額フェアをやっていた某大手セカンドハンドブックショップで、
 四冊を購入。

1、タレッシュ お茶農園の王子 ウィリアム・パパズ
2、あかいひかり みどりのひかり マーガレット・ワイズ・ブラウン/レナード・ワイズガード
3、ぎんいろのクリスマスツリー ハッチンス
4、ぐりとぐら なかがわりえこ/おおむらゆりこ

1は、変わり者で、「はぐれ雲」と呼ばれていた少年が、「雲のうえの王子」と呼ばれるようになる物語。
 しかも何故そうなったかは、村人が良く言うことを聞いてくれたからというラッキーのみによる、ってのが
 インドの物語らしくて 面白い。
 ちょっと前、BSのドキュメントでやっていた某英国大手飲料メーカーと契約するようなお茶農園の実態、
 フェアトレードの現状などを見たり、
 これもBSのウルルンの再放送で 中越典子のベトナム蓮茶作りの回を見たり していた後だったので、
 ついつい手に取る。
 チビにはとんと 不評。。。 

2、絵もさることながら、繰り返される「あかいひかり みどりのひかり」のフレーズがなんとも眠りを誘う、
  素敵な絵本。
  そうそう、訳は谷川俊太郎さんだし。

3、ハッチンスの絵、すばらしい。

4、言わずと知れた ぐりとぐら。
  チビのが 園で読んでもらっていた記憶が鮮明らしく、良く知っていた。
  あの大きな卵を、なかなか割れない卵を、石でたたいて割ったはいいが、
  どうやってぼーるに流し込んだか、カパッといけたのか、謎。
  でも、あの きいろいかすてらが、ふんわりとかおをだす ところ!
  生唾ごっくん…。
  やっぱり名作たる所以です。
[PR]
# by souslecieldetokyo | 2010-07-24 23:11 | 古本

やっぱり

上記に代えました。

雑草主婦、夜ふけ
[PR]
# by souslecieldetokyo | 2010-07-11 09:33 | 日々是雑記

気分転換に

スキンとタイトル換えてみました。

雑草主婦の夜ふけ と、夜ふけの雑草主婦 と、
どっちがよいだろか??

雑草主婦の悲哀 は 敢えて止めといた。

こないだ行った友人の結婚式で、 仲間内でネイルアートしていなかったの 
私だけと気付いて そのことを思ったけれど…

今月末は 香港の友人が 別々に2組到来、泊まらないけど。
来月頭は イタリア人がホームステイに 我が家へ、
その後 夏の韓国旅行…

うーん 大忙し!

でも、夜ふけは 主婦の時間。
ぼんやり雑草魂で 一息ついて、
また 日々を 頑張るのだ!!

そういえば、今月末に予定していた リフォームの 工務店店主が 病に倒れ、
2ヶ月ほど延期して欲しいと(材料は全部揃っているため) 電話がかかってきた。。。

半分穴のあいたままの洗面器で
山積みのダンボールで歩きづらい廊下で
10日間のホームステイ、
させてしまうよ ごめんよ。
まだ見ぬ イタリア人へ。 
[PR]
# by souslecieldetokyo | 2010-07-11 09:21 | 日々是雑記

古絵本&昭和人形

 通りがかり、一駅先のブックオフで児童書半額フェアをやっていたので、つい釣られて買い漁り。

 もりのなか マリー・ホール・エッツ(表紙の、茶・白・黒の配分が絶妙。題字のレタリックも。)
 たろうのおでかけ 村山桂子/堀内誠一(100%オレンジ顔負けのポップさで、びっくり。何にでも原点となるべき指標が存在し、そのクオリティは今のものより遥かに質の高いものだなあ)
 くろうまブランキー 伊藤三郎/堀内誠一(内容、少しだけ、パトラッシュの感じと思う。それとブランキーって云えば、ブランキー・ジェット・シティを思い浮かべるのは、世代感現れまくりだなあって。)
 はなたれこぞうさま 川崎大治/太田大八
 ABCえほん とだこうしろう(これもディック・ブルーナそっくり)

 ちょっと別の古本屋での、絵本古本
 ノアのはこぶね ゲトルート・フッセネガー/アネゲルト・フックスフーバー

 もっと前の絵本古本
 三びきのやぎのがらがらどん マーシャ・ブラウン/せたていじ(云わずと知れた、名作中の名作!)


 近所の旧市場が、区のエコなんちゃらに生まれ変わって、そのオープニングにフリマがあるというので、意気込んで行ったはいいが、なあんも買うものなし、
 市場の雰囲気も好きだったのに、なんら反映されること無く、つまんないセンター風の内装に変わってしまったことにもがっくり。
 昭和レトロな赤ちゃん人形だけ、150円を100円に値切って買いました、ちゃんちゃん。
d0040346_23203087.jpg

[PR]
# by souslecieldetokyo | 2010-06-14 23:21 | 古本

ダリアの帯(もどき)

 リサイクル着物屋の決算セールに行った。

 ふらっと行っただけなので、買うなんて、買うとしても二,三千円のものを買おうと思っていたのに…
 買ってしまった、ダリアの帯!
 …&がまぐちバック&帯〆(1000円分の割引チケット消化の為)。

 鮮やかな黒の地に、大きな花の銀糸の刺繍。
 ものは菊なのだけれど、私も、側についていた売り子さんも、大島弓子「ダリアの帯」を思ってしまって、ふたりで命名。
 そんなんだもの、えいっと購入…。

 予算の3倍だったのは、大きな痛手(汗)だったけれど、長くて締めづらいのも難点だけれど、渋めの着物にそれを締めてシックに。もしくは花柄の銘仙にそれを締めて可愛くモダンに。の喜びの方が大きいから、善しとするか。
 枯れたおばあちゃんになっても締めたら素敵だろうし…。

 これからは、
 単衣のシーズン、薄物のシーズン。
 欲しいのは、じゃぶじゃぶ洗える木綿か、デニムか、(まあポリの、)
 さっぱりとした無地かなあ。

 久しぶりの衝動買い。
 ちょっとまだ胸がざわついてますけれど、2回、3回と締めるうちに、落ち着いてくることでしょう、たまにはこんなこともあるのです、女ですものね!
[PR]
# by souslecieldetokyo | 2010-06-01 00:06 | 日々是雑記