古本 フリマ 散歩


by souslecieldetokyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

昨日友人が来て、手土産に持ってきてくれたワイン
半分残ったものをマスターに届けようと歩いていたら、

買わないって決めてたはずの古本に何故かひっかかり、
一冊見つけたら、あとはいつものごとく。


エイミー・タンのキッチン・ゴッズ・ワイフ(上・下) 50円×2
荻窪風土記 井伏鱒二 文庫で持っているくせに、単行本美品だったために、つい。200円
嵐が丘
若きウェイテルの悩み 共に、ある韓国ドラマを見ていてその中に頻繁に名前が登場し、読んでいないことに愕然としていたため 意を決して購入 早く読まないと… 各100円


それらとは別に、訳あって池波の銀座日記再読、
あんど、オルハン・パムクのイスタンブール熟読。

ちょっと前、テレビで彼の東京・京都紀行と、大江健三郎などとの対談番組をやっていて、
恥ずかしながら初めて彼に興味を持って、読むことに。

大好きな、ナタリア・ギンズブルグや プルーストなどと同じ香りがして、
上等のボックス入りチョコレート菓子をあと何個、あと何個と惜しみながら食べるみたく、
勿体ない気持ち半分、興奮口福の気持ち半分で読み進める。

手に入れてあるもう3冊の「雪」「私の名は紅」「父のトランク」も相当に面白そうで、
読むのが楽しみ。今、もうすでに…

シンガポールへは、須賀敦子全集だけ持っていけばよいかなくらいに思っていたが、
パムク作品は文句なし、携帯決定。


自分には好きな文学の好みがあって、それらを今まだ存在している作家たちが、作品にしてくれて、
自分はそれを何の迷いも不安もなく手に取り 読むことが出来る幸運…
世界は相当に様々に灰色だけれど、 
その間だけは、それらに包まれて トリップすることが出来る幸福…

あ~やっぱりわたしってば めぐまれてる。
雑草主婦だけど!
[PR]
by souslecieldetokyo | 2010-11-02 20:35 | 古本