古本 フリマ 散歩


by souslecieldetokyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

絵本 よんさつ

 いつものごとく児童書半額フェアをやっていた某大手セカンドハンドブックショップで、
 四冊を購入。

1、タレッシュ お茶農園の王子 ウィリアム・パパズ
2、あかいひかり みどりのひかり マーガレット・ワイズ・ブラウン/レナード・ワイズガード
3、ぎんいろのクリスマスツリー ハッチンス
4、ぐりとぐら なかがわりえこ/おおむらゆりこ

1は、変わり者で、「はぐれ雲」と呼ばれていた少年が、「雲のうえの王子」と呼ばれるようになる物語。
 しかも何故そうなったかは、村人が良く言うことを聞いてくれたからというラッキーのみによる、ってのが
 インドの物語らしくて 面白い。
 ちょっと前、BSのドキュメントでやっていた某英国大手飲料メーカーと契約するようなお茶農園の実態、
 フェアトレードの現状などを見たり、
 これもBSのウルルンの再放送で 中越典子のベトナム蓮茶作りの回を見たり していた後だったので、
 ついつい手に取る。
 チビにはとんと 不評。。。 

2、絵もさることながら、繰り返される「あかいひかり みどりのひかり」のフレーズがなんとも眠りを誘う、
  素敵な絵本。
  そうそう、訳は谷川俊太郎さんだし。

3、ハッチンスの絵、すばらしい。

4、言わずと知れた ぐりとぐら。
  チビのが 園で読んでもらっていた記憶が鮮明らしく、良く知っていた。
  あの大きな卵を、なかなか割れない卵を、石でたたいて割ったはいいが、
  どうやってぼーるに流し込んだか、カパッといけたのか、謎。
  でも、あの きいろいかすてらが、ふんわりとかおをだす ところ!
  生唾ごっくん…。
  やっぱり名作たる所以です。
[PR]
by souslecieldetokyo | 2010-07-24 23:11 | 古本

やっぱり

上記に代えました。

雑草主婦、夜ふけ
[PR]
by souslecieldetokyo | 2010-07-11 09:33 | 日々是雑記

気分転換に

スキンとタイトル換えてみました。

雑草主婦の夜ふけ と、夜ふけの雑草主婦 と、
どっちがよいだろか??

雑草主婦の悲哀 は 敢えて止めといた。

こないだ行った友人の結婚式で、 仲間内でネイルアートしていなかったの 
私だけと気付いて そのことを思ったけれど…

今月末は 香港の友人が 別々に2組到来、泊まらないけど。
来月頭は イタリア人がホームステイに 我が家へ、
その後 夏の韓国旅行…

うーん 大忙し!

でも、夜ふけは 主婦の時間。
ぼんやり雑草魂で 一息ついて、
また 日々を 頑張るのだ!!

そういえば、今月末に予定していた リフォームの 工務店店主が 病に倒れ、
2ヶ月ほど延期して欲しいと(材料は全部揃っているため) 電話がかかってきた。。。

半分穴のあいたままの洗面器で
山積みのダンボールで歩きづらい廊下で
10日間のホームステイ、
させてしまうよ ごめんよ。
まだ見ぬ イタリア人へ。 
[PR]
by souslecieldetokyo | 2010-07-11 09:21 | 日々是雑記