古本 フリマ 散歩


by souslecieldetokyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

古絵本&昭和人形

 通りがかり、一駅先のブックオフで児童書半額フェアをやっていたので、つい釣られて買い漁り。

 もりのなか マリー・ホール・エッツ(表紙の、茶・白・黒の配分が絶妙。題字のレタリックも。)
 たろうのおでかけ 村山桂子/堀内誠一(100%オレンジ顔負けのポップさで、びっくり。何にでも原点となるべき指標が存在し、そのクオリティは今のものより遥かに質の高いものだなあ)
 くろうまブランキー 伊藤三郎/堀内誠一(内容、少しだけ、パトラッシュの感じと思う。それとブランキーって云えば、ブランキー・ジェット・シティを思い浮かべるのは、世代感現れまくりだなあって。)
 はなたれこぞうさま 川崎大治/太田大八
 ABCえほん とだこうしろう(これもディック・ブルーナそっくり)

 ちょっと別の古本屋での、絵本古本
 ノアのはこぶね ゲトルート・フッセネガー/アネゲルト・フックスフーバー

 もっと前の絵本古本
 三びきのやぎのがらがらどん マーシャ・ブラウン/せたていじ(云わずと知れた、名作中の名作!)


 近所の旧市場が、区のエコなんちゃらに生まれ変わって、そのオープニングにフリマがあるというので、意気込んで行ったはいいが、なあんも買うものなし、
 市場の雰囲気も好きだったのに、なんら反映されること無く、つまんないセンター風の内装に変わってしまったことにもがっくり。
 昭和レトロな赤ちゃん人形だけ、150円を100円に値切って買いました、ちゃんちゃん。
d0040346_23203087.jpg

[PR]
by souslecieldetokyo | 2010-06-14 23:21 | 古本

ダリアの帯(もどき)

 リサイクル着物屋の決算セールに行った。

 ふらっと行っただけなので、買うなんて、買うとしても二,三千円のものを買おうと思っていたのに…
 買ってしまった、ダリアの帯!
 …&がまぐちバック&帯〆(1000円分の割引チケット消化の為)。

 鮮やかな黒の地に、大きな花の銀糸の刺繍。
 ものは菊なのだけれど、私も、側についていた売り子さんも、大島弓子「ダリアの帯」を思ってしまって、ふたりで命名。
 そんなんだもの、えいっと購入…。

 予算の3倍だったのは、大きな痛手(汗)だったけれど、長くて締めづらいのも難点だけれど、渋めの着物にそれを締めてシックに。もしくは花柄の銘仙にそれを締めて可愛くモダンに。の喜びの方が大きいから、善しとするか。
 枯れたおばあちゃんになっても締めたら素敵だろうし…。

 これからは、
 単衣のシーズン、薄物のシーズン。
 欲しいのは、じゃぶじゃぶ洗える木綿か、デニムか、(まあポリの、)
 さっぱりとした無地かなあ。

 久しぶりの衝動買い。
 ちょっとまだ胸がざわついてますけれど、2回、3回と締めるうちに、落ち着いてくることでしょう、たまにはこんなこともあるのです、女ですものね!
[PR]
by souslecieldetokyo | 2010-06-01 00:06 | 日々是雑記