古本 フリマ 散歩


by souslecieldetokyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


 本当は中国語の集中発音練習をしようと思って、分厚いテキストまで持っていったというのに! トイレの前の物置場に、「20世紀少年」を見つけてしまい、一番上の兄に言うと、22巻と「21世紀少年」上下巻、さらに「プルート」5巻まで揃えで持ってきてくれて、読み出したら止まらないのが浦沢漫画、本当は徹夜で一息に読みきりたかったけれど父親がうるさいので、二日にかけて読みきった。さらに漫画のお供、ポテチまで提供してくれ、持つべきものは、漫画好きの兄だなあ!とことさらに思った、実家でのお盆休みでした。
 
「モンスター」以降のテーマである“絶対悪、心の暗黒”に、彼の少年時代、昭和へのオマージュや、ロック愛も盛り込んで、ミステリーてんこ盛りのこの作品。それでマスターキートンの時からそうだけど、さえない普通のおっちゃんが苦悩の末無敵のヒーローになっていくのもかっちょいい。
 ロックのことを言えば、「ボブ・レノン」って、まんまじゃん!と思ったし、ちょっと真心の「素晴らしきこの世界」の歌詞と似たものを感じたけれど、ストーンズのチャーリーは一番好きなドラマーなので、春先生を最後チャーリーに戻してくれて、どうも有難う。
 さてはて、映画はどんなかな? 
 
 
 「プルート」もすっかり浦沢なアトムが出てくるけれど、やっぱり愛くるしくて、アニメの再放送をチョロリとしか見ておらず、キャラクターだけの存在に等しいので、「アトム」を読みたくもなったりしたが、「アトム」は手塚氏のあまり気のすすまない仕事の一つだったと知ったので、どうしようかしらんと思案する次第。

 

 一方阿美はというと、朝のテレビ(ズームイン!)でポニョを見て以来、ポニョが大好きになってしまい、それを知った下の兄が映画のサントラとパンフをくれるは、今回の里帰りで、上の兄がシングルCDと振り付け付きアニメ本、ポニョぐるみまでプレゼントしてくれ、公園の盆踊りそっちのけで、ポニョ歌いまくり、踊りまくり、の3日間。
 
 首の後ろのあせもがひどいので、実家近所の床屋で「ワカメちゃんしてください」、とお願いすると、悲劇的に刈り上げされてしまい、宗助みたい。。。言葉のニュアンスが通じないって、恐ろしい。。。
 

 
 実家で魯迅選集を仕入れてきて、ここのところ、3度目の挑戦で魯迅を読んでいる。
 初めてすんなり文章が、頭に、イメージや意味を伴って落ちてきてくれて、特に暑くて気分の乗らない時、これを読むとシャキっとする。でも多くは読めない、少しづつ読む。
 彼自身言っているように、「諷刺と咀呪」が、蜘蛛の巣のごとく張り巡らされている気がする。
 私の老師は、学生時代、「私は何故魯迅が読めないか」と論文を書き、雑文集のみをむさぼり読んだと語ってくれた。私は、どうだろう?
[PR]
by souslecieldetokyo | 2008-08-12 22:41 | 古本
 久々フリマ、古本少し。

 厳密に言うとフリマではなくって近所のリサイクルセンターの市場だけれど、収穫品很多了!で、夏のセールに行けなかった物欲が少々満たされたワタクシです。

 ○白地に青オレンジ黄緑の小さい花かご柄というラブリーかつ大人なサンドレス、400円。
 ○超度派手ピンクと緑と白のストライプの昔風2ピース。500円。
 ○薄ピンクグラデーションのサラサラ・ダボダボパンツ、50円。
 ○それに合わせた感じのピンクのチュニック(着るかどうかは不安だが)150円。
○チビのアクセサリー(ピンクパールネックレス、御揃いのブレスレット付き。と、カラフルビーズのゴムのネックレス)、3点で100円。
 ○細長楕円お盆、新宿文化会館で使われていた奴、200円。
 ○カットガラスの小皿五枚、50円。
 ○小花デットストック風昭和レトログラス×2(赤と青)、100円。
 ○デットストック風青い小鳥柄コップ小、50円。


 特にサラダボパンツは気に入って、母親も気に入って2枚あったら良かったのにと言われ、お買い得品だった☆ウフフ。

 
 古本は、夏の着物の良くお似合いのマダムが店番をしていた古本屋で、100円×2冊。
 ○本を読むわたし 華恵
 ○中国の歴史散歩2(山西省河南省陜西省甘粛省編) 山川出版社

 前者の作者の「小学生日記」は、前に原宿明治通りにあったブックオフ(大好きだったのに、無くなってしまって残念…)で立ち読みして、確かオビかどこかに高橋源一郎絶賛!みたく書いてあって、ほほう、と思ったし、ぱらっとページをめくった感じでも惹かれるものはあったけれど、高くて(私の好きな100円本では無かったため)、買わなかった。
 それからどっかの雑誌の「おお、こんなトコニモ華恵さん!」と思ったけれどそれがどの雑誌或いは本だったが忘れたが、彼女の本が紹介されていて、谷川俊太郎氏なども好意的な文を寄せていて、すごいなー。と思った次第。
 で、今回のこの本。そんなにも日常を描き切ってしまって大丈夫?と心配になるくらい、彼女の身の回りの世界と本の世界が一体となって書かれていて、地の文のリズム、会話のリズムもきちんと独自のものがあって、すごいな~、とはたまた感心してしまった。年齢を特別視してしまうのは、彼女にとって本意ではないと思うけれど、やっぱりスゴイことだ。そいでもって、可愛くって、モデルや女優さんをしてる、ってのも、スゴイのだ。

 番外編は、ここ数年髪を切って貰っている大好きな美容師さん、福場みどりさんの待望のフランス案内本。「やっぱり、またパリへ行こう!」。枻出版社1500円。
 みどりさんのセンスの良さと、人の輪を大切にする感じと、フランスとパリの地元っ子的道歩きを楽しむ感じがぎゅっと詰まってて、もうすぐにでも渡仏したくなってしまうこと請け合いの、超お勧め本デス。
カメラマンご主人の福場慎二氏が写真を撮ってらして、これまた素敵!
 でも一番の主役は、やっぱり凛太郎君とディアンヌかな~。
 いやはやまったくもって、“じぇらしー”。。。
[PR]
by souslecieldetokyo | 2008-08-02 22:08 | フリマ