古本 フリマ 散歩


by souslecieldetokyo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

もういっかげつ!

月に二回くらいの更新でいいやとのん気していたら、もう一ヶ月経ってしまった…
反省。
デジカメ充電切れたままで写真無し続きだし。
しょこたん(最多は一日70回だってー!)ってやっぱすごいかも?

今月は、ちびっ子のひいおばあちゃんの不幸があったり
住宅ローンの手続きで銀行やら区役所やらで用事したりと
外出続きであっという間でした。

恒例の自分への誕生日プレゼントはというと、
ヤフオクで見つけた格安の「メグレ警視」シリーズ×13冊!

高三&浪人時代、
図書館での受験勉強に飽きると仏文コーナーにあったこれらの本を読んでは、パリの街やそこに住む人たちの世界に現実逃避したっけな~。。
その、一度読んだけれど忘れてしまった小説を、十数年たってからもう一度読み直すこの楽しみといったら!
こたえられませんね~

でも、一作品とてラストや犯人を覚えているものは無し、
当時あんなにワクワクしながら読んだのに、人間の記憶力っていったい…
ちなみに言うと 同時期にこれもかつてないくらい一生懸命勉強したはずの受験勉強も、今となると綺麗さっぱり忘れてしまっていたりして…
どっちにも「あ~あ、」!
[PR]
by souslecieldetokyo | 2006-07-31 21:20 | 日々是雑記

about the ”ニュアンス”

今日は外出&来客のハードスケジュールだったからか、夕方から夜にかけていまだかつてないくらい愚図って泣きまくっていたうちのちびっ子。
自分でもどうしようもないのだというふうに身をよじって泣いている姿がまた笑いを誘う様でもあり、
うちの死んだおばあちゃんが言いそうなせりふ、「我れ子は何しても可愛いんだっけ」なんてのが頭をよぎったりして。

さて話変わって“ニュアンス”について。
髪の毛を切りに行くたびに思う、この言葉、。
ああだこうだと口で説明したり切抜きを持って行ったりしても、
うーん、ちょっと違うんだよなあと出来上がりにちょっとしたニュアンスの差を感じることってあるでしょう、
でも、それっておそらくは切る人のセンスの差。
ニュアンスを言葉に出さなくても通じる人っているのだなあ、
って最近通っている美容師さんを見ていて思うのでした。センスが良いというか、センスが合うというか。。。
しかもそれが行った後の自宅でのシャンプー後に思うのだから、恐るべし。
ものすごく馴染んで、それでいてほんのちょっと自分以上というか、。
これを言葉要らずでお任せで手に入ってしまうなんて、
ニュアンスの通じるセンスの良い美容師さんを見つけたら、一生もの!
加えてそこはとにかくおしゃれで居心地が良くて、友達の家のようなフレンドリー感に満ち溢れた場所なのです、
んなわけで今日も子連れで行ってきました、可愛い子供用のミトンまで頂きました、
メルシ!
[PR]
by souslecieldetokyo | 2006-07-01 22:32 | 日々是雑記