古本 フリマ 散歩


by souslecieldetokyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

まったくもってぐうたらな日々、
パソコンの電源を入れることすらオックウで何もしない日々。

しかもこれが、ちょっと頑張って外出などするとすぐに手足がむくんでぱんぱんになるので どうしたものかと実家の母に相談すると、
「そんなのあんた、家でコロコロ転がってればすぐに直るわよ!」
とのこと、
な訳で コロコロ転がっては 落語を聞き 本を読み DVDを観る日々。
これが不思議と むくみに効果てきめんで、すぐに腫れが引くのでびっくり
体重増加で栄養指導まで受ける羽目になった割には コロコロしてるだけであまりお腹が減らないせいか 食べる量も普通に戻り? 体重も2週間ほどキープすることが出来た。

ドンドン ドンドン云っていた胎動も少し弱まり、
ちびっ子もそろそろ出産体制を整えているご様子、
このままで行くと予定日より早く生まれるのでは??

乞うご期待!
[PR]
by souslecieldetokyo | 2006-03-07 15:49

羅漢果茶。

d0040346_1548446.jpg
去年の冬だったか、女優の佐久間良子(?)とダチョウ倶楽部の3人が中国(主に広州)を旅する番組があって、何の気なしに見ていたらやっていたのが 神様の果実、羅漢果について。

生のままだと舌が痺れる毒性を持つが、乾燥させてお茶にして飲むとこの上なく体にいい効能を持ち またほんのり甘くて苦くておいしいという。

そんなのって、あるのかな?

さっそく当時上海に留学していた父上にお土産品として所望し、買ってきてもらうことに。
だけれど自分ひとりで飲むと勿体ない気がして 誰か友達が来た時に飲もうとほっておいて、こないだようやっと飲んでみた。

真ん丸い薄い殻に入った カチカチに乾いた乾燥柘榴のような小さな黒い実。
これを4分の一ほどに砕いて 熱いお湯を挿して飲む。
なるほどに不思議な味、でも自然の苦い甘みは嫌ではなかった。
友人の話によると、花粉症によく効くらしく、たまに自然食品やさんなどでティーバックのものが売っているけれど けっこう高いとのこと、
ふうーん知らなかったと頷きつつも
たしか甜茶にしろ羅漢果茶にしろ 中国のお茶には花粉症に効くものが多いのだなあと一人ごち、
なにやら中国3千年の歴史に思いを馳せてしまった…
早くちびっ子連れて、旅行に行きたし!
[PR]
by souslecieldetokyo | 2006-03-06 15:48 | 日々是雑記