古本 フリマ 散歩


by souslecieldetokyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

韓国料理とわたし。


最近週末ともなると必ず食べてしまう、
…それは韓国料理。
こないだは超才女・韓国人友達おすすめの、新大久保の
釜焼きサムギョプサル店へ。
どうやら本国では今一番流行りの食べ方らしい。
3秒で焼けちゃう!という割りに
運ばれてからもテーブルのコンロで油を落としつつじっくり焼いて食べたので
いまいち最初の釜焼きの意味がよく分からなかったけれど、おいしくて安くて清潔で、
人気店なのもうなずける店だった。

その前は家から徒歩5分と極近の「ホルモン商事」へ。
まんまのネーミングでいかにも怪しいと思っていたけれど
同才女の同行で食べに行ったらおいしくってやみつきになってしまった。
他の人々はサムギョプサルを食べてるけど、ここではやはりホルモン鍋を食べるべし。
早稲田の留学生も多数、自国の味を懐かしみに通っている。
おかみさんの肝っ玉ぶりもよし!
また、近所のガキンチョが「俺の 俺の 俺の話を聞け~!!」とCKBぶしをきかせて
歌っていたのもよし!

今日は
こないだ中居くんの番組でチェ・ジウにナントカアナウンサーが韓国まで会いに行った折
ミソチゲばかり旨そうに食べていたのを思い出して
自己流ミソチゲを作って食べる。
昼間はどこの冷麺がいちばんおいしいかを調べるために
昨日韓国市場で買ってきた水冷麺を試食す。
麺は日本製で太さも中太でいけてなかったが、スープは「大長今」製とだけあって
なかなかいけた。でも
「チャングムの誓い」で王様が狩に出掛けたとき食べていたのと同じ味のが私も食べたいよう。
この王様、「1%の奇跡」ではまったくもって冴えない先生役で”劇団ひとり”にしか見えなかったのに、「チャングム」ではちゃんと王様らしいからびっくりした。
「王様と乞食」ではないけれど、韓国ドラマではこのように
”昨日のドラマでは啖呵切りまくりの豚足屋のおばちゃん役をやっていたのに
今日のドラマでは大手自動車メーカーの社長の娘で実の子を弟として育てた苦悩の母親兼令嬢役”をやっているみたいなことが往々にして起っているのが
面白い。
[PR]
by souslecieldetokyo | 2005-07-25 23:33 | 日々是雑記

本牧CKB散歩

本牧なんて何年ぶりだろう、
高校の時マイカル本牧のフリマに行った時以来かな?
CKBのおかげでにわか本牧づいた私達、行かずにはいられなかった。
まずは元町の裏通りをふらついてすっかり変わってしまったのを見て
バスで本牧へ。
車中から眺むゴールデン・カップス→
MOON EYE'S CAFEで食べるロコモコ→
すっかり寂れてしまったマイカル→
ずいぶん歩いてBOOGIE CAFE→
バスで小湊まで戻ってから行った
シーメンズクラブが終点でした。
シーメンズクラブは昔スタジアムと中華街の間らへんのビルの中にもあって、
その昔よく父に連れられて行ったものだけど、
雰囲気としてその薄暗い感じがここにまだ残っていたので嬉しかった。
あまりに外と比べると夜な感じなので
歩きつかれたせいもあってうたたねしてしまう…。
バスでMM21へ移動し赤レンガ倉庫跡をひやかし
クイーンズスクエアの某有名店で麻婆豆腐を食べて帰る。
本場の四川のものは食べたことがないからわからないけれど、
とにかく舌がしびれて大変だった。
CKBのメンバーに会えるかも!と期待して行ったこのツアーだったけれど、
なんと……!最後のクイーンズスクエアで、
彼女?か奥さんの洋服選びに立ち会っているメンバーを発見!
思ったより小柄でやせてて でもめちゃくちゃおしゃれで格好良かった~!
さて誰だったでしょうか、?
d0040346_14555082.jpg

[PR]
by souslecieldetokyo | 2005-07-20 14:34 | 日々是雑記

ある日のJ・J的散歩

d0040346_14334092.jpg
バイトが午後からだったので
前から見ようと思っていた芝居を観に両国まで出掛ける。
当然当日券が出るものと思って確認しなかったのもいけなかったが
受付で当日券の出ないことが分かり、すごすごと引き返す。
せっかく下町に来たことだし
浅草か上野で落語でも聴こうかなとも思うが
急に「エチオピア」のカレーが食べたくなってしまったので
総武線でお茶の水へと。
開店間もなかったので並ばずに座れる。
ここのカレーはチキンが有名らしいが何故か私はいつも
野菜とエビのカレーを頼んでしまう。サラッとしていておいしい。
ランチサービスなのか食後に抹茶アイスが出る。
腹ごなしに古書店街をうろつく。
植草責任編集の「宝島」があったので買ってもいいかなと思うが
内容がニューロックだったので止めにする。
時間つぶしに岩波で映画でも観ようと切符を調べたら
前売りで3300円もするのでおかしいなあと思って尋ねたら
なんでも5時間だか6時間だかの大作で
一日一本しかやらないとのこと。もちろんもう始まってしまっていた。
イタリアの家族の話でしかも大作ときいて少し気になったので間に合わず残念。
今日はなんだかやけにたらいまわしにされる日だ。
ふてくされてJ・J程ではないにしろ幾冊か古本を買う。
ツェツェというフランス人の二人組アーティストの本が安かった。
J・Jも通った喫茶店で珈琲を一杯すすりながら本を眺める。
珈琲は苦くてとてもおいしかった。
[PR]
by souslecieldetokyo | 2005-07-13 14:07 | 日々是雑記

祝剣さん誕生日!

d0040346_2326588.jpg


今朝テレビをつけたらのっけからはなまるマーケットで剣さんを発見、イイネ!
七夕イブが誕生日だなんて渋いネ、さすがだネ!
そしてそして 今日発売のニューアルバム(SOUL PUNCH)も
相変わらずの 横浜横須賀&a本牧サウンド満載で 最高だネ!

今度のツアーこそ チケット取れるといいなあ、
それはそれは ゴキゲン・ナイト 間違いなし!であろうに…ネ!

ちなみに上の写真は近所の公団の薄暗い入り口に飾ってあった
七夕の笹飾り。
下の写真は香港郊外の客家の村の路地奥のお寺に飾ってあった
華僑の飾り。
どっちもイイネ!
d0040346_23531736.jpg

[PR]
by souslecieldetokyo | 2005-07-06 23:23 | 日々是雑記

スペイン製の靴

d0040346_23213095.jpg

普段デパートやちゃんとしたお店で買い物なんてめったにしないのだけれど
たまーに ごくたまーに そういう買い物もする。
それは 靴 を買うとき。
こればっかりは古着屋やリサイクルショップ、フリマではなかなか探せない。
去年のセールでは 灰色のくるぶし丈のころんとしたショートブーツ。
今年は
買う気さらさらなかったのに呼び止められて てんとう虫のついた白のバレエシューズもどき。
両方並べてみて気付いたこと、それは
スペインのブランドの靴だったということ、。
これは本当の偶然だったけれど、考えてみるとスペイン製には可愛いものが多い。
シビラとかカンペールとか。
フランスとか他国のものともまた違った遊び心があって楽しいデザインだと思う。
梅雨があけたらこの靴はいて どこへ出掛けよう?
てんとう虫を つかまえに!
[PR]
by souslecieldetokyo | 2005-07-05 22:00 | 日々是雑記

newDUG

d0040346_21483776.jpg

今日は新宿までバスで出掛けて行ったんだ。
すると降りたバス停のすぐ側にニューダッグの看板を見かけたんで、
そんなに疲れてもいなかったけれどひとまず休憩することにしたのさ。
ふんふんここがあのニューダッグかあ、なんていって珈琲にチョコレートブラウニー頼んで
やっぱり大きいスピーカーで聞く音はいいなあ、とか思ったり
開高健の「輝ける闇」の続きを読んだり 隣の人の話を盗み聞きしたりして
満ちたりて
でも「遅れてきた青年」(by大江健三郎)としての寂しい自覚もしっかりと味あわされながら、
ほんの少し雨のそぼ降る街へと繰り出して行った。

タワーレコードでマイルスの「死刑台のエレベーター」と
アートブレーキー&ジャズ・メッセンジャーズの「チュニジアの夜」を買って
それから本屋で
植草甚一スクラップブック15のおまけの日記のところを開いたら
「ニューダッグで双葉社の人たちと打ち合わせする」って記述が載っていて
すっかり嬉しくなってしまったというわけ。
だってついさっきまでそこで珈琲を飲んでいたんだからね!
[PR]
by souslecieldetokyo | 2005-07-04 21:59 | 東京エアポケット

今年の誕生日

もうすぐ誕生日。
毎回その時々のマイブーム関連グッズを買って
自分への誕生日プレゼントとしているのだけれど、
(去年は初期~中期のユーミンのCD7or8枚)
今回は迷うことなく

「植草甚一スクラップブック」!

別冊を入れると41巻もあって全部買うのは無理だけど、
本とjazzと映画と散歩関連のを15~20冊程度揃えようと思っているんだ。
(JJ風)
それで彼の本のせいで、今度の休み、
ニューヨークにも行きたくなってしまった…。
本当はハノイに行こうと思っていたのだけれど。
でもNY行くんなら秋から冬にかかて、最低2週間は留まって
じっくりゆっくり横道にそれたり 紙コップの熱い珈琲を公園で飲んだり
夜ごとjazzを聴きに行ったりしたいんだ。

だからすごく迷ってしまっている…
JJだったらどうするかな?迷わず真夏のNYに出掛けて、
あの幾何学模様の雨傘さして散歩するのかな、どう思う、チャーリーは?
d0040346_1449487.jpg

[PR]
by souslecieldetokyo | 2005-07-03 14:51 | 日々是雑記