古本 フリマ 散歩


by souslecieldetokyo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:フリマ( 5 )

 待望のフリマ!に行ってきたザンス。
 ずっと前から欲しかった、もとい次にホーチミンに行った暁には絶対買おうと思っていた、レックス・ホテルのティー・セットが売っていたのには思わず小躍り、これだから止められません、フリマチェック!

 レックス・ホテルのティー・セット(ポット、カップ4、ソーサー5)500円
 昭和レトロ茶碗(渋オレンジ花柄×5)200円
 インドの象の釣るし飾り(×2)300円
 アンティーク風鉢200円
 チビの絵本(マドレーヌちゃん「メルシーブック」、メイシーちゃん「遊ぶの大好き」、「ピーカーブー」英語のしかけ絵本、「長靴をはいた猫」矢川澄子訳)〆て220円
 インド・ネパール風の大っきい布・無料
 チビの昭和の子供風ウサギアップリケ手提げ(籠編み)、自分のナイロンペラペラ袋(サイケ柄)2つで200円
 ガラス万能小碗×5、100円
 ナショナル、昭和初期モデルのコテ風電気アイロン、木箱付き500円

 しかしながら、一個買ったら一個捨てる、の出来ない、シンプル・ライフの対極をひた走る我が家…、雑誌に載るような部屋に住める日はきっと永遠にやって来ないだろう。。。トホホ

 
 
 帰り道の古本
 
 アメリカ阿呆旅行 わん・つう・すりー 江國滋
 イギリスはおいしい 林望
 OLときどきネパール人 瀬尾里枝
 歴史の交差路にてー日本・中国・朝鮮― 司馬遼太郎・陳舜臣・金達寿
 4冊200円(文庫)

 実はかの有名なリンボウ先生の名著をまだ読んでいなかったので、一番最初に読む。と、コックスや、フィッシュ・アンド・チップスが、パブが、アフタヌーンティーが、なんとも魅力的に書かれていて、バイト帰りの道すがら、本を閉じれなくて、そのまま読みながら歩き、あっと言う間に読みきる。
 果ては、どうしてもスコーンが食べたくなり、巻末に載っていた方法の通り、チビと作って、たまたまあったサワークリームとカシスのジャムで、ミルクティーしてしまった。。。残念ながら狼の口はガオーッと開かなかったが(たぶんベーキング・パウダーが古かったから?)、それなりにおいしく、特にチビが気に入って、あれよあれよと平らげた。
 
 江國滋氏、前回に引き続き、面白く読む。世界的に有名な腕前、とあるが、本当にそうであるのに違いないのだが、それならなおさら、テレビでその腕前を拝見したかった。
 余談だが、最近本棚の整理をしていて、ついつい様々拾い読みして作業が一向にはかどらないのだが、その一つ、江國香織「とっておき作品集」鳩よ!特別編集に載っていた、彼の「香織の記録」を再読する。
 初めに読んだ時には、「おい癌め酌みかはさうぜ秋の酒」を読んだ直後だったので、涙腺がゆるみっぱなしだったが、今回は、同じような年頃のチビを持つ親になったこともあって、反省したり、感心したり。何気ない一言、行動を、こんな風に記録して、35ミリも8ミリもカセットテープの録音も残して、仕事の傍ら、本当に子煩悩で、マメだなあ、その器用さが、マジックにも生かされているんだろうなあ、と思ったり。
 二人の仲の良さは「クウネル」往復書簡でも知っていたが、彼女の妹の書いた「夢日記」も載っていて、本当に、江國香織さん、あなたは、父親にも妹にもこんなにも愛されて、非常に幸せなお人ですね!同姓の兄弟というのも、また良いものなのだなあ、としみじみ。

 「OL~」も面白かった。これを読むと、インドとネパールの違いが良く分かる気がしてくる。一人のタクシー・ドライバーとの出会いから、彼女のネパールが徐々に、繋がり広がって行く感じも興味深かった。それにしても、やはり英語が必要、ということですね。アイヤー
[PR]
by souslecieldetokyo | 2009-04-20 00:08 | フリマ

フリマな秋

 私にとって、秋と言えばフリマなシーズン!
 まずは、年に二回恒例の、地元のフリマ。

○キティちゃん台所の流し 200円
○チビの長靴 150円
○チビにおまけの花柄長袖カットソー 0円
○チビの厚手の花柄シャツワンピ 200円
○自分と母親に、ネパールの新品ストール 二つで500円
○母親に夏の民芸風カットソー 100円
○タイ銀細工持ち手付きビーズバッグ、革のポシェット、イタリア製のパーティーバッグ 計3つを値切って800円
○Zuccaの紫T、古着ピンクシャツ、VIVAYOUのビーズバッグを値切って〆て700円
○アーノルド・ロベール「ふたりはいっしょ」、「よるくま」の続本「クリスマスのまえのよる」、2冊で100円

 キティちゃんの流し台は、前にそれのガスレンジを母親がフリマで見つけて買ってくれていたので、ついつい。。
 
その他、来合わせていた友人親子と、イカチヂミ200円を食べたり、胡瓜一本漬け100円を食べたりする。
 ちなみに前の日は雑司が谷のお祭りで、やはりお団子100円や台湾ビーフン400円などを買い食いしていた親子。
 秋晴れの空の下で食べるお祭りの味、二日も堪能、でございました。


 ちなみにの第二弾は、荷物を家に置いてすぐの足で、西荻窪のカフェへ向かい、「晴島風踪」なる台湾・澎湖諸島二人旅 写真展を見に行く。侯考賢の映画はまだ観ていないけれど、何にもなくって風ばっかり、な島なのは間違いない、と思った。

 “チビは旦那とブーン”だったので、一人ほうっとカプチーノを飲んだり、長崎出身の友人に良く似た女性のリラックスした姿の写真をちょっと艶めかしく感じながら眺めたり、台湾に住んで写真を撮ってる友達のことを思ったりするのは、ホントに貴重な、癒される時間。

 
 さらに続くちなみに第三弾は、けっこう前だけれど、汐止でやっていた台湾広告展2008。このアド・ミュージアム東京は無料で展示が見られるのが好きで、通りかかると見てしまう。良く知っているスーパーやインスタントラーメンのCMが、くっすり笑える中華なナイスセンスで、この時はチビ連れだったので二人で面白く見た。

 

 さてお次はかつての地元、横浜ローカルタウンのフリマ。
 母親はあると必ず来ているらしいけれど、私は今回が初めて。

○17cmの、生成り黄土色グッズ靴。100円
○ピンクの袋付きレインコート 100円
○GAP花柄カットソー 100円
○生成り木綿 ニットカーデ 100円
○花柄生成りワッフルスパッツ 100円
○新品黒のタイツ 120cm 200円
○こないだ桃井かおりがドラマで着てたみたいなミニタリー調のジャケット(なんとかというブランドのもの)3500円を2000円に負けてもらって、しかもオマケにGAPの白黒ボーダーニットとスコティッシュ古着カーデ付き。

 一番下以外は全部チビのもの。
 
 
 雨が降るか降らぬかの天気だったので、皆、こちらが値切る前に100円でいいですから、とまけてくれた。
 他に母親は250円のみかん1袋と、大福餅二個入り2パックなんかを買っていた。
 チビはサルが芸をするやつ(おじさんとの掛け合い漫才みたいな)に釘付けでした、ちゃんちゃん。
[PR]
by souslecieldetokyo | 2008-10-31 00:27 | フリマ
 久々フリマ、古本少し。

 厳密に言うとフリマではなくって近所のリサイクルセンターの市場だけれど、収穫品很多了!で、夏のセールに行けなかった物欲が少々満たされたワタクシです。

 ○白地に青オレンジ黄緑の小さい花かご柄というラブリーかつ大人なサンドレス、400円。
 ○超度派手ピンクと緑と白のストライプの昔風2ピース。500円。
 ○薄ピンクグラデーションのサラサラ・ダボダボパンツ、50円。
 ○それに合わせた感じのピンクのチュニック(着るかどうかは不安だが)150円。
○チビのアクセサリー(ピンクパールネックレス、御揃いのブレスレット付き。と、カラフルビーズのゴムのネックレス)、3点で100円。
 ○細長楕円お盆、新宿文化会館で使われていた奴、200円。
 ○カットガラスの小皿五枚、50円。
 ○小花デットストック風昭和レトログラス×2(赤と青)、100円。
 ○デットストック風青い小鳥柄コップ小、50円。


 特にサラダボパンツは気に入って、母親も気に入って2枚あったら良かったのにと言われ、お買い得品だった☆ウフフ。

 
 古本は、夏の着物の良くお似合いのマダムが店番をしていた古本屋で、100円×2冊。
 ○本を読むわたし 華恵
 ○中国の歴史散歩2(山西省河南省陜西省甘粛省編) 山川出版社

 前者の作者の「小学生日記」は、前に原宿明治通りにあったブックオフ(大好きだったのに、無くなってしまって残念…)で立ち読みして、確かオビかどこかに高橋源一郎絶賛!みたく書いてあって、ほほう、と思ったし、ぱらっとページをめくった感じでも惹かれるものはあったけれど、高くて(私の好きな100円本では無かったため)、買わなかった。
 それからどっかの雑誌の「おお、こんなトコニモ華恵さん!」と思ったけれどそれがどの雑誌或いは本だったが忘れたが、彼女の本が紹介されていて、谷川俊太郎氏なども好意的な文を寄せていて、すごいなー。と思った次第。
 で、今回のこの本。そんなにも日常を描き切ってしまって大丈夫?と心配になるくらい、彼女の身の回りの世界と本の世界が一体となって書かれていて、地の文のリズム、会話のリズムもきちんと独自のものがあって、すごいな~、とはたまた感心してしまった。年齢を特別視してしまうのは、彼女にとって本意ではないと思うけれど、やっぱりスゴイことだ。そいでもって、可愛くって、モデルや女優さんをしてる、ってのも、スゴイのだ。

 番外編は、ここ数年髪を切って貰っている大好きな美容師さん、福場みどりさんの待望のフランス案内本。「やっぱり、またパリへ行こう!」。枻出版社1500円。
 みどりさんのセンスの良さと、人の輪を大切にする感じと、フランスとパリの地元っ子的道歩きを楽しむ感じがぎゅっと詰まってて、もうすぐにでも渡仏したくなってしまうこと請け合いの、超お勧め本デス。
カメラマンご主人の福場慎二氏が写真を撮ってらして、これまた素敵!
 でも一番の主役は、やっぱり凛太郎君とディアンヌかな~。
 いやはやまったくもって、“じぇらしー”。。。
[PR]
by souslecieldetokyo | 2008-08-02 22:08 | フリマ

先週のフリマ。

 通称ネコフリマ。
 地域の野良ネコを去勢したり予防接種したりする団体が毎年行っている、チャリティーフリマで、知っている方がやっていることもあって、初回から欠かさず行っているこのフリマ。
 今回は場所を変えて、目白通りに近いところでやっていて、折りしも桜満開の土曜日だったので、けっこうな集客があったということで、喜ばしい限り。

 チビと旦那が家でうだうだしてる間に、一人ささっと覗きに行く。

 即買い、だったのはフランス製の赤いゴム蓋のガラスの容器×3、各50円。
 76年キティのミニコップ、×2、各50円。
 
 ん~、と悩んででも買ったのは、乃りたけの青の日本茶セット、二千円。家にオールド・ノリタケの葉っぱイラストのがあるにはあるのだけど、ちゃんとしたの緑茶用のが欲しかったところなので、清水の舞台から飛び降りて買う。帰って漂白してあらったらすっかり綺麗になり、母が来た時見せたら五千円円くらいしてもオカシクナイかもね、と言われたので、ホッ。

 ネコちゃんの為にと思って寄付のつもりで買ったのは、緑の花柄のちりめん風チャイナワンピ。けっこう細めで”ん?”と思ったが、あなたにぴったりだから是非、と♪云われてその気になって♪(植木等)、?、300円で。

 最後ひょ、って顔を出した神社ネコの後を追って、神社の脇のネコ道細道から帰りつき、チビに「はい、お土産!」とコップを渡して五分もシナイウチに、旦那けっつまづいて片方(しかも赤くて可愛い方)を割ってしまい、チビ、大泣き。

 とこの話を母にしたところ、翌日の実家地元のフリマで大量のキティちゃんグッズをゲットしたとのメールが。。。オリジナルキティの話をしていなかったので、ピンクリボンのイマドキキティも半分混じってしまい、オヨヨ。そいでもチビは喜んで遊んでいるし、今回は特別、ということで、ピンクキティ、我が家の一員に。
 
 こうやってキャラクターグッズが増えていくんだな~、きっと。しかもますます。。。
[PR]
by souslecieldetokyo | 2008-04-06 17:46 | フリマ

古本とフリマ。

 最近の私といったら、公園とスーパーくらいにしか足音響かせていないので、
 石井好子さんの名著に傷をつけてはナラヌと、タイトル変更いたします。

 ひっそり続いているのが古本、フリマ漁りなので。。。
 写真も入れない、って決めて、月2くらいは書けると思う。。

 もちろんタイトルは今回も文字りで、子連れ狼、冥府魔道を往く、がオリジナルです。
 そういえば元ピチカートの小西さんの新著も「「僕は散歩と雑学が好きだった」」、で
 もろ植草氏の文字りタイトル。見つけてすっかり嬉しい気分。

 さて、今日のフリマ。
 チビ用に、76年キティちゃんのレインコート赤(100円)、先週300円ショップで買ったアヒル嘴付の奴が裾切れてしまったばかりだったので、即ゲット、値切りもせず。
 絵本×2、いやいやえんのコンビの作に、いたずらハリーのもの、一冊200円を2冊で300円に。
 ミッフィーの箱つき新品皿、50円。
 黄色の76年キティの長靴、ジャストサイズだったので、多少の傷を呑んで、かつチャイナ靴50円をおまけしてもらって、二つで100円。
 自分に、北欧おばあちゃん風ショール、100円。
 さらに、ナントカと言うブランドの新品青チェックブラウス300円で値切らずかったのに、手に持って歩いているうちに落としたか掏られたかしてしまい、気付いて3回同じところうろうろするも無く、泣く。
 
 最後モスで抹茶シェイク白玉みたいなのしようと目論んでたのに、落とした分のお金チャラにすべく、喉カラッカラ我慢、で家にチョッキし、コープの炭酸水にハーブエキス入れたのに午前中気まぐれで作ってあったイチゴ豆腐ブラマンジェで”ひとごこち”する。
 最近の人、落としたら「落としましたよ」って言ってクレヌ人が多い気が。チビの靴やタオル、何度その度ごと探しに戻ったことか!!バスや電車でも、落ちましたよ、って声かけてあげるとうんと喜ばれるから、絶対に、自分達は、そうやって声かけするんだもんね、これからも!
 スンマセン、ちと声張り上げました。。
 
 ちなみにタイトルの灰色狼は、ユーリ・ノルシュテインです。
 昨日の古本市、面白かったのでまた書きます。
[PR]
by souslecieldetokyo | 2008-04-06 16:24 | フリマ