古本 フリマ 散歩


by souslecieldetokyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:日々是雑記( 51 )

いやー、早く産まれてくるとは思っていたけれど
まさかこんなに早かったとは!
前回のブログ書いたほんの四っか後に無事誕生いたしましたよー!
男の子では?という周囲の予想を裏切って、2518gの女の子でした。

いきなりの破水でちとびっくりしたけれど、
陣痛も自然と後からついてきて、完璧なる安産、陣痛自体は9時間強、
分娩台に上がってからはほんの10分ほどで産まれましたー。

いまやもうすぐ2ヶ月めに突入、
体重も4キロ強と順調に増えちょっと安心、
毎日CKBやらフリーソウルやら聴いて元気に育っておりんす。

年賀状のやりとりをしている方々には、そのうちお披露目カードが届きますんで、
待っててくださいな。(プリンターがあまりに古くておまけにインクが無いので来週買い換えます、そしたら印刷しますんで!)

ではでは。
d0040346_17132143.jpg

[PR]
by souslecieldetokyo | 2006-05-07 17:07 | 日々是雑記

羅漢果茶。

d0040346_1548446.jpg
去年の冬だったか、女優の佐久間良子(?)とダチョウ倶楽部の3人が中国(主に広州)を旅する番組があって、何の気なしに見ていたらやっていたのが 神様の果実、羅漢果について。

生のままだと舌が痺れる毒性を持つが、乾燥させてお茶にして飲むとこの上なく体にいい効能を持ち またほんのり甘くて苦くておいしいという。

そんなのって、あるのかな?

さっそく当時上海に留学していた父上にお土産品として所望し、買ってきてもらうことに。
だけれど自分ひとりで飲むと勿体ない気がして 誰か友達が来た時に飲もうとほっておいて、こないだようやっと飲んでみた。

真ん丸い薄い殻に入った カチカチに乾いた乾燥柘榴のような小さな黒い実。
これを4分の一ほどに砕いて 熱いお湯を挿して飲む。
なるほどに不思議な味、でも自然の苦い甘みは嫌ではなかった。
友人の話によると、花粉症によく効くらしく、たまに自然食品やさんなどでティーバックのものが売っているけれど けっこう高いとのこと、
ふうーん知らなかったと頷きつつも
たしか甜茶にしろ羅漢果茶にしろ 中国のお茶には花粉症に効くものが多いのだなあと一人ごち、
なにやら中国3千年の歴史に思いを馳せてしまった…
早くちびっ子連れて、旅行に行きたし!
[PR]
by souslecieldetokyo | 2006-03-06 15:48 | 日々是雑記

これだもの。

d0040346_15512844.jpg


巣作り本能の続きじゃないけれど、最近とみに母親に似てきてしまっているワタシ。
あんなに起きられなかった朝だってちゃんと起きるし
(血液関係が1.5キロも増加したせい?冷えも低血圧も治ってしまった…)
なにやら猛烈に料理ばっかりしているし、
歩き方 喋りかた、
一番似てきたなあ、と思うのが お皿をしょっちゅう割るところ。
今日も今日とてお気に入りの植木鉢(薄いグリーンの高かったやつ)をガッシャーン。
ついでに言えば、家でもバイト先でも、A型らしさゼロ。
そのうち本当にO型になってしまうんじゃないかしら??
心配。

食後にフルーツを剥いて食べるところ、(特に果汁たっぷりのイヨカン甘夏など)
一口甘いものをつまむところ、
ご飯を壊れた炊飯ジャーの 内釜でガス炊きするところ、
とっぴょうしもなく 時々即興でへんてこソングを歌ってしまうところ…。

こんなんでちびっ子生まれたら、
私が彼女をヘンテコだなあ、と思っていたのと同様、
私もちびっ子にヘンテコ母親と思われてしまうではないか!!

でも 友人母のもっとメルヘンでふわふわなエピソードを私は知っているので、
変わろう、たって変われるものでなし、とりあえずこのままでいるしかないよなあ。

ちなみに写真は止まらない妊娠後期の食欲を示す一枚。
ジャガイモとにんにくのオムレツ、大根とジャコのサラダ・シークワーサー風味、
シメサバ昆布、手作りオニオングラタンスープ、お粥。
これを一人でぺろりと食べます、
これだもの、体重だって増えまくり。
[PR]
by souslecieldetokyo | 2006-01-25 15:50 | 日々是雑記
先週先々週と引越し騒動もどきでずいぶんとジェットコースターな 気持ちの上下する、
ZARDな日々(「揺れる思い」)を過ごしてしまった…。

ことの始まりは一本の電話で、新築マンションなんてとんと考えていなかったのに、
キャンセル物件が出たので見に来てください、といわれ
とりあえず内見だけでもと見に行くと これがなにやら立地よし、日当たりよしの好物件!間取りだけ気になったが これなら売り換えもありだなと
いきおい 両親にも見に来てもらい 買う気満々、ローンシュミレーション、
はたは 家具の配置、買い足すもの用にあの高いdinosまで買ったのに!
帰り道でいろいろと気になることが判明し、家の親に一転大反対されしょぼくれ、
それでも 週末には旦那パパに都庁の機関で調べ物などしてもらい、
そっち方は結構乗り気で薦めてくるしで
やっぱり買いかなあ、とか
でも何かあったとき責任とれないなあとか、思い悩み
結局一晩寝ないで考えて、信用の置ける近所の不動産屋さんにもう一度内見付き合ってもらおうと 電話したところ、
見るまでもなく反対です と反対され、 止めることにいたしたのでした、。

まったくもって 上手くいかない不動産探し。
地域限定だと 余計なようです。

んで 一念発起して、次の更新までこの部屋でちびっ子と暮らそうと、部屋の大改造計画を思い立ったワタシ。
まずは 完成予想図を念密にプランニングし、家具の配置換え。とやり始めたはいいけれど、本やら雑誌やら旦那のギター用品やら重いものばかりで なかなかにはかどらず。
それでもなんとか一週間かけて、ちょろっと形になってきた今日この頃、
このやる気を自分でも不思議がっていたら、
なんとこの間の両親学級(立会い出産希望の人は必須で受けさせられる、それで2700円も取る!)で それこそ「巣作り本能」ですよ、って教えられる。
でも そんな本能発揮していたの、参加していた十何組かの内で私だけでしたけどね?!
[PR]
by souslecieldetokyo | 2006-01-24 15:50 | 日々是雑記

穏やかないい日。

d0040346_21302451.jpg

2005年年末は、日差しの優しい 穏やかないい日。
いつもは松前漬け、煮豆など実家のものを貰い受けるのだが
今回は妊婦ということもあり 薄味が食べたいなということで 自分で作ることに。
(実家のものは 東北風のものすごくしょっぱい味付け)
で30、31と家にこもって いろいろ作る。
1日に旦那の実家に持ってく用にと タルトタタン、
余ったくず野菜で 正月食べる用に ゆず風味の漬物、
上海土産の雪菜と青豆のピリ辛炒め、
冷蔵庫に余っていたものでカレー、など。

松前漬けは 初めてだったので上手くいくか心配したが スルメも柔らかく戻って(思ったより薄味には 仕上がらなかったことを除いては) まずまずの出来、
煮豆は 白インゲン豆の良さそうなのがあったのでそれを煮たのだが 皮ばっかり固くて身は煮崩れてしまい 自分で食べるにはいいけれど 人におすそ分けは出来ない感じでちょっと失敗。
タタンはパイ生地もなにも 全部の分量を目分量で作ったために バイト先のものには遠く及ばなかったけれど 旦那の実家では大好評、
くず野菜の漬物は 一日天日に干しておいたおかげで パリパリの食感がかなりおいしい代物に。

おせち、というとしゃっちょこばってしまって 作るの大変だけれど、
“正月三が日”働かないための保存食、と考えると まあ何でもありなので、こんな感じの料理でも おせちと言ってしまえる?
とは言うものの、 1日は旦那の実家、2日3日は横浜の実家で ご馳走三昧だったので、本日はかなり食傷気味、
母上の手製の中華粥といくらの醤油漬けでさっぱりと3食済ませてしまった…
自家製の保存食おせちを食べるのは明日からになりそうです、。

d0040346_21313227.jpg

[PR]
by souslecieldetokyo | 2006-01-04 21:35 | 日々是雑記

チャングム三昧 寝正月

BSでやっていた チャングムの集中アンコール放送が29日でやっと終わり
実家でDVDにまとめて撮ってもらっていたものを受け取ってからというもの
待ちに待った結末を知るために TVにかじりつく毎日。

イ・ヨンエは別段好きな女優さんというわけではないのだが、
やはり役柄に魅力があるので ついつい引き込まれて見てしまう。
チ・ジニも今までそんなに好きではなかったが この役どころはかなり良いと思う、実際にこんな人物がいたら 彼に愛される女性はなんて幸福だろう と思う好青年。
二人とも、「クムジャンさん」しかり「マラソン」しかり、作品選びの大変に上手い俳優さんと思う。話題作を良く選んで出演していて、センスがあるのだなあ、きっと。

最後 王様との絡みで ハラハラさせられてしまったが 大団円でめでたしめでたし、このゆるぎない昔話性(悪者は悪者らしくヒロインヒーローをいじめ、ヒロインヒーローはそれにふさわしくそれに耐え、勧善懲悪、ハッピーエンド、いかにも昔の紙芝居的ストーリ展開)こそ韓国ドラマの醍醐味であろう、(映画はそうでもないが)。心配していたヨンセンも無事女の子を出産することが出来たし、チャングムも…。

ちょっと前「春夏秋冬そして春」や「オールド・ボーイ」を観たところだったので、そのエンディングに胸が梳く思いがした。

今BSでやっている「チェオクの剣」はイマイチらしい、母親によると。MXでやっている「サンドゥ学校へ行こう」も去年日テレでやっていたやつを見ていてしまったし、うーん、「私の名前はキム・サムスン」あたり、早く民放でやらないかなあ、。そういえばフジで深夜にエリックの「新入社員」やってたっけ。吹き替えの声が気に入らないけれど仕方なし、当分はそれでも見てお茶を濁すとするか、。
[PR]
by souslecieldetokyo | 2006-01-03 21:26 | 日々是雑記

恭賀發財!

d0040346_21205354.jpg


恭賀發財(ゴンシーファッチョイ=広東語で明けましておめでとう、今年も儲かりますよに)!!

景気はどうやら 上向きのご様子ですが、
これに浮かれることなく 粛々と日々を賢く過ごしませうね、
今年も皆様に幸多からんことを祈念!

kutsuoto de shanghai-neko。
[PR]
by souslecieldetokyo | 2006-01-01 21:19 | 日々是雑記

もこもこ 後日談。

中国に短期留学していた父親と 4ヶ月ぶりにご対面してきた。
行く前五分刈りにしていった髪の毛は やや茫茫と伸び まるで放浪僧のよう。
でも本人としては 慣れない短髪が伸び これでやっといっぱしの人間に戻れたと 務所から出所でもする気分という。
お土産として 葱餅やら乾燥羅漢果やら魯迅博物館のパンフ等 受け取る。
笑っちゃったのが “もこもこ”。

もこもこは 妊婦とほにゃららpart2にも登場する フリースもどきのパジャマのことだが、 臨月用にと 一番大きいサイズのを もう一着買ってきてくれたのであった。
ところが 開けてびっくり、 今年母上が買ってきたのと 全く同じ柄の、 しかもさらに蛍光色の強い! どぎつい黄緑パジャマ。
父いわく 今年はその柄が上海で流行しているらしく どこに行ってもマネキンにそれを着せているし それを着て歩いている主婦を町中でも良く見かけたとのこと、
それにしたって笑えるなあ、 仕方なしに母上がそれを着て
私は 彼女のお下がり(赤地に雪の結晶模様、XLL)を貰い受けることに。

それでも とーってもあったかかったわー、って 母、言ってましたけどね!
[PR]
by souslecieldetokyo | 2005-12-26 16:39 | 日々是雑記

クリスマスなので。

クリスマスにかこつけて  自分にプレゼントしようと思い立ち、
この前見かけて でもなんとなく買わずにやり過ごした J・Jのスクラップブックのおまけ(「月報」)ばかりを2冊に集めたものを 古本屋に買いに行く。
ところが 大変がっかりしたことに、 あるべき場所にそれはなく、 それらは買われてしまっていたのでありました、
そんなの 私以外に見つけて 探し出して 買う人いたんだ、とちょっとびっくり。
仕方なしに 他の店で 探していた堀田善衛の「鶴のいた庭」収録の全集の端本300円とJ・Jスクラップブックを一冊と 20円の文庫×3冊を購入。

やっぱり 彼の本はいいなあ、
だって こんな文章。
「なんだか気が引けるけれど、ぼくのゼイタクときたら安っぽいし、お話にならないから、買ったものの値段を書きつけておくことにしよう。そうするとぼくのはゼイタクではなくって、ゼイタク感じゃないかということになるからである。」
「寒くなってくると、ブラブラ散歩しながら足がつめたくなったりして、ちょっとシャレた感じの喫茶店が目につくと、なかに入って暖まりたくなるだろう。そうしたとき飲むコーヒーというのは、ふつう飲んでいるコーヒーと味はおんなじでも、外の寒さと部屋のなかの暖かさとが関係し合ってずうっとおいしくなってくるものだ。毎年そんな経験をしてきた。」
これだもの。

私だって散歩と古本とJAZZと珈琲と安い買い物が好きだけれど、いつの日かJ・Jみたくひとかどの人間になれるのかしらん、???。
[PR]
by souslecieldetokyo | 2005-12-24 16:35 | 日々是雑記
妊婦とLLサイズ

最近の困りものはだんだん大きくなってくるお腹。この間の病院でも、「やっぱりたくさん食べちゃいます?」なんて軽いジャブ的発言を食らう。最近の医学では太りすぎ厳禁なので、ちびっ子+付随のあれこれで4㌔、母体で4㌔の計8㌔が太り方の目安なのだそうだ。で結果として一ヶ月一㌔ペースの太り方が理想なんだって。だどもわだすば、キレイに一ヶ月2㌔ずつ増えてってて、妊娠前が51㌔、今59㌔…。
 ご飯だってカッサリ1杯、3食のみで、間食はバイト先の端切れケーキを除き果物のみというのに、・・・原因不明!

 当然入らなくなる普通の洋服。だからといってマタニティを買うのはどケチな私としては むむむなところ。それで、フリマで13号や15号の昔服を100円で買ったりしてるけど、下着・部屋着までは見つからないので悩んでいたら、救世主現われたり、それは 近所のオバちゃん・おばあちゃん向けの洋品店!これが、LLサイズの宝庫なのであった。
 買ったのはいかにも暖ったかな綿入りのモンペ、フリース素材のペイズリー柄スパッツ、可愛いい素朴な花柄のパンツ2枚組み、唐辛子成分入り分厚い靴下など。700円に300円に150円とかなので、これならお財布も傷まないし、実家の母にあげたっていいし、取っておいてオバちゃんになったとき使ったっていい。もちろんサイズはLLです。

妊婦と“もこもこ”

 なんだかヘンテコな名前の登場ですが、これは去年上海に家族で行ったときに服飾市場で見つけて買った フリースもどき素材の冬用パジャマのこと。20元くらい?あんまりに暖ったかで気に入ったので、今年もお土産に買ってきてもらう。去年はそんなもの着ないだろう、と思って買ってこなかった旦那の分も 「お前達ばっかり“もこもこ”でズルイ」と言うので今年は頼んであって、どうやら両親も2着目を買った様子、完璧な“もこもこ”一家の出来上がり!なのでした。
 でこないだの 雪でも降りそうに寒かった日曜日。せっかく家で“もこもこ”であったかくしていたのに、夕飯用の買出しに出掛けなければならず、「中国だったらこのままパジャマでお出掛けできるのになあ、」と一人文句していたら、そうだ、暗くて寒くて人も少ない近所だったら、この上にコート着てけば平気かも!と思いつき、またも中国人してしまった…。
 でも前回買ってきた“もこもこ”はクリーム色に白い雲の柄の 嫌味のないメルヘンで可愛くって良いのだが、今回の母上の見立ては、蛍光黄緑にサンリオのキャラクターもどき(プリンちゃんと言う?)の付いた小学生チックな恥ずかしいものだったので、一瞬考えて、上に前述のモンペを穿き、毛糸のカーディガンを着、念入りに長靴ブーツとアームカバーで隠し、ダッフルコート&手袋&帽子で出掛けたのでした。
 これが最高にあったかくってグー。スーパーのお兄ちゃんにも変な顔ひとつされなかったよ。

妊婦と悪夢

 お腹が大きくなってきたのは冒頭に書いた通りですが、やたらと最近夢見が悪いなあ、と思っていたら、原因はきっとそのせいなのでした。浪人生活を体験した私の悪夢の定番、何年浪人しても受からなくって受験勉強ばっかしている夢や、バイト先の喫茶店で思いっきりミスをやらかし、マスターにこっぴどく怒られる夢などなど 立て続けに何本も見た。
 で、これは仰向けに寝ているせいだと思い よく本にも書いてある通り そろそろ横向きに寝たほうがいいのかなあ、と 昨日はそうして寝てみたけれど、どうにもこうにも寝にくいことこの上なし!
 いつか慣れるのかしら?でも悪夢は見なかったのでこれで手を打つことにしませうか。
[PR]
by souslecieldetokyo | 2005-12-06 12:19 | 日々是雑記