古本 フリマ 散歩


by souslecieldetokyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

六月 授業あと放心状態で 古本

 ちょっと前、一冊だけ、近所の古本屋にて、100円本を。買おうかどうしようか迷っていたら、3歳のチビが「いいじゃない、買いなさいよ」なるお言葉を発してくれた。
 内田康夫 上海迷宮
 かの有名なこの作者の作品も、浅見光彦シリーズも初めて読んだが、想像通りの読みやすさ。また2時間ドラマの映像イメージ(俳優の中村氏の顔など)が絶え間なく付きまとって、上海ロケのドラマを見ているようだった。

 さて、先の土曜日の古本。
 授業の帰り、フラフラとなった頭で、一番近くの古本屋に何となく入ったら、またも様々発掘してしまう。単行本は3冊200円、文庫本は各200円くらい。こぐれひでこ氏のパリの文庫も欲しかったが、2冊で500円だったので止めにする。

 黄色い風の吹く街へ 難波 淳
 来て見てアジア 難波 淳
 地球を怪食する 小泉武夫
 夫婦貧道中 地球ふたっぱしり 甲斐切 清子
 屋台の楽園 ペナン島へ行く ほいほい旅団
 ジブリ美術館ガイド

 アジア・キッチン旅行 高崎 篤
 来た、見た、撮った 中国国境8000km 田島 正
 お茶からお茶へ、旅から旅へ 伊藤ユキ子

 黄色い~は、中国太源で一年間日本語を教えることになった筆者夫妻が、各地を様々旅行した様子、現地での生活ぶり、交流、天安門事件の在北京体験、帰国の様を記したもの。おもしろい。
 同じ作者が、何年もかけて幾度かにわけてアジア各地を旅した模様を語っているのが2冊目。この人のは、写真もプロ級で、人物の表情がとても良い。

 3冊目、存在は知っていたのだけれど、読んだのは初めて。この御仁が農大のお偉い先生とは露知らず…。それにしても、タイトル通り、ゲテモノ、キワモノ、生臭もの、なんでもござれの強靭な胃袋と、ウォッカ、白酒、蛇酒、発酵酒これまたアルコールなら何でも大好きなのには驚いた。さすが酒造家に産まれ、醸造学発酵学が専門のお方。
 竹虫+竹酒など、唐揚げの鳥の皮さえ食べられないうちの母親などにはきっと永遠に分からない世界。。。またある程度の冒険心、好奇心はあるものの、ブーダン、青カビチーズ、くさや、蛙、臭豆腐、血豆腐くらいが関の山の私にも、天井に這うヤモリを10匹ほど料理して、とか40年前の鯉の熟鮓で熟鮓パーティー、とかちょっと手の届かないハイレベルな怪食文化でやんした。。。

 地球ふたっぱしり、昭和の終わりから平成にかけて、夫婦で3年間、500万円で地球を巡る、という旅のもの。頼もしいのは、ご主人が英語に堪能で、切符争奪戦や部屋の手配その他取り仕切ってくれるところ。うーむ、私もこんな旅がしてみたいザンス。

 ペナン島、未読、
 ジブリは、「トトロランドとラピュタランドに行きたい!」とのたもう娘へのお土産。

 アジア・キッチン旅行も、お茶からお茶へ、も行ったことのある地、無い地、様々で面白く読む。
 それにしても、早く次の旅行に行きたいものだなア!
[PR]
by souslecieldetokyo | 2009-06-23 02:13 | 古本