古本 フリマ 散歩


by souslecieldetokyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

where is "maymayking"?

 maymayking;それはどの雑誌にも必ずといっていいほど載っている雑貨屋で、SOHOの坂の途中の、代官山っぽいお洒落な店構えで有名なお店。
 だったのに…!

 最初探しに行ったのは三日目の夕方、
 相方の大好きなヒルサイド・エスカレーターを昇りにいったらおんぶのまま阿美が寝たので、近くにあった茶餐廳に入りつかの間の休息タイムを取ることにした私たち。相方は阿美抱っこしたまま読書で、身動きとれずだったけれど、私は日記代わりのメモもすぐ書き終わり、これ幸いとカメラ片手にSOHO探索。
 でその時、そういえばあの有名な雑貨屋maymaykingがこの辺にあったはず…と探すが見つからない。人に聞くのも面倒なのでそのままにして、雰囲気のあるヨーロッパ調の店が立ち並ぶ路地の写真を撮ったり、ピザの焼ける、ザラッとした白い生地の底が焦げる臭いなど嗅いでは巴里に行きたくなったり、次来た時は阿美をベビーシッターに預けてここのphorestaurantでお洒落して夕飯したい、などど目論んだりする。

 次にその辺をうろついた時には七日目、ちょうど跑馬地から移動してきた一行で、坂の途中の杏花摟で甘いの食べて暇つぶししてた時だったので、散歩がてら本に載ってた住所を頼りにmaymayking探し②をする。
 と、やはりその住所は前述の時私がここかな~と思っていた白い壁&ピンクの花店舗だったので、親切なレッジーナが閉店してたにもかかわらず中にいた店員さんに聞いてみてくれ、移転したことを知る。その店員さん情報によると、尖沙咀海港城にあるLCX内にある、とのこと。

 意気揚々、8日目の買い物ラストでそこに向かうが、棚×3列で、あわよくばチャイナ服!とか思っていたから、ちょっとがっかり…。で、卓球少女鞄の誘惑を振り切って、ダブルジョイTシャツ(とその近くにあったhomelessショップでthe black sheepのポストカード)のみ購入。帰国してmarimoちんの買った紫花柄ポーチを見たらやたら可愛く思えて、次回は九龍塘にあるというちゃんとしたお店に行って大量購入するぞー!と密かに誓う私…。

 実はこの話には後日談があって、ちゃんと見なかった私も悪いけど、ホテルに帰ってみたらなんとタグ(プラスチックの、万引き防止の奴)が付いていて、どうやっても取れない!!で泣く泣く次の日最終日、海港城開店同時と共に行ったのに!
 LCXは30分後の11時半でないと開かないと剣もホロロな小姐達。そのあしらいにすっかり私はふてくされ、結局うろうろしながら阿美と下のフェリー乗り場ら辺で待ち、相方のみで行ってもらってタグを取ったという曰くつき…。その時も謝罪の一言もなしだったので、さすがの温厚な相方も一言怒ってきてやった!だとか。…代わりに私から一言、唔該サイ!
 
 そう言えば、これもどの雑誌にも出ているraneeKの店も、目の保養で行きたかったのに、SOHOでも銅鑼灣でも探せなかった私たち…。縁がないというのはこういうことなのかしら?? 不思議。。。
[PR]
by souslecieldetokyo | 2007-10-05 20:50 | it's my ”ホングコング”.