古本 フリマ 散歩


by souslecieldetokyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

羅漢果茶。

d0040346_1548446.jpg
去年の冬だったか、女優の佐久間良子(?)とダチョウ倶楽部の3人が中国(主に広州)を旅する番組があって、何の気なしに見ていたらやっていたのが 神様の果実、羅漢果について。

生のままだと舌が痺れる毒性を持つが、乾燥させてお茶にして飲むとこの上なく体にいい効能を持ち またほんのり甘くて苦くておいしいという。

そんなのって、あるのかな?

さっそく当時上海に留学していた父上にお土産品として所望し、買ってきてもらうことに。
だけれど自分ひとりで飲むと勿体ない気がして 誰か友達が来た時に飲もうとほっておいて、こないだようやっと飲んでみた。

真ん丸い薄い殻に入った カチカチに乾いた乾燥柘榴のような小さな黒い実。
これを4分の一ほどに砕いて 熱いお湯を挿して飲む。
なるほどに不思議な味、でも自然の苦い甘みは嫌ではなかった。
友人の話によると、花粉症によく効くらしく、たまに自然食品やさんなどでティーバックのものが売っているけれど けっこう高いとのこと、
ふうーん知らなかったと頷きつつも
たしか甜茶にしろ羅漢果茶にしろ 中国のお茶には花粉症に効くものが多いのだなあと一人ごち、
なにやら中国3千年の歴史に思いを馳せてしまった…
早くちびっ子連れて、旅行に行きたし!
[PR]
by souslecieldetokyo | 2006-03-06 15:48 | 日々是雑記