古本 フリマ 散歩


by souslecieldetokyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

すごい、2日連続更新なんて。幼稚園初日の古本。

 今日は幼稚園の初日。9時登園。
 前から予約したあった通り、9時半待望の歯医者。虫歯2本、まあそんなとこだろうと思ってた、3年前くらいからチョコレートが歯に沁みてたもんな。
 かっきり1時間半かかり、ガリガリ、ゴンゴンやられる。星が、ノイズが、脳内宇宙に飛ぶ。11時終了。
 11時20分お迎えの為、時間調節。
 歯医者から幼稚園に曲がる角の間には、3、4軒の古本屋があるからね。

 で、“幼稚園初日”の古本。
 ふふふ。
 
 
 50円文庫
 サンフランシスコがいちばん美しいとき スーパーガイド西海岸の旅 丸元淑生(BSでやってる好きなドラマ、“ミスターモンク”に敬意を表して!?)
 お江戸でござる 杉浦日向子(何でこれ、持っていなかったんだろう??)
 四季のいけばな花材 カラーブックス(“いけばな”しないけど、花の名前と、何科が写真付きで載っていたので)
 小さな貝殻 母森瑶子と私 M・ブラッキン
 消える上海レディ 島田荘司(冒頭の、昭和13年12月14日、という日付にも、解説にあった田村俊子の名前にも心惹かれて。でもまあ、冒険推理ものですね。)


 50円単行本
 長安から河西回廊へ シルクロード第一巻 陳舜臣・NHK取材班
 辻邦生 パリの手記Ⅰ 海そして変容 
     パリの手記Ⅱ 城そして象徴(ちょっと前NHKで彼についてセカチューの作者殿が語っていた番組をやっていて、彼の人生に、書くものに、興味を持ったので。)


 関係ないけど、そこの歯医者は超普通の民家で(の一階を改装して)やっていて、知らなかったらお世話になることも無かったと思うが、腕の確かさと人格の良さを知っていたので、今回から通うことにした。
 奥の窓側の椅子に座ると、庭が見える。
 その庭が、それこそアリエッティが居てこっちを伺っているんじゃないかと思わせるような、もしくは佐藤さとるのコロボックルの世界そのもので、口ゆすぎの度に目をやっては、心奪われてしまった。
 
 小人、なんて、この年になって信じるのも勇気がいることだけれど、 
 あの歯医者のあの庭になら、住んでいても可笑しくないかもな、アリエッティの末裔。
[PR]
by souslecieldetokyo | 2010-04-09 21:24 | 古本