古本 フリマ 散歩


by souslecieldetokyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

雑文&少しの子供の古本

 気付けばクリスマスもお正月も旧正月もひな祭りも過ぎ、
 今年度残すところのイベントとしては
 チビの四歳の誕生日と入園祝いのみとなってしまったなんて。。。

 更新を怠っているのは、
 書くべき古本を買っていなかったり、家にある本も読んでいなかったり、
 もともとの不精がたたったせいでもあり。
 年始早々の、新型インフルエンザ騒動のせいでもあり?

 とは言うものの年末には、チビ+私のパーティー用ドレスを製作し、
 年明けからは幼稚園用袋物セットを、
 さらには台湾で買ったままになっていた生地でサブバックを何個も何個も製作したのだった。
 読み始めると止らない、書き始めると手が勝手に動く、これと同じで、
 ミシンなども、やり始めると、手が止らなくなってしまう性分の私。


 さて。
 クリスマスに買った絵本…
 スーホの白い馬
 かさじぞう 共に絵、赤羽末吉
 こぶとり 松谷みよ子文
 赤ずきん バーナディット・ワッツ絵
 Les 5 femmes de Barbargent
 Das gerettete kiefernbaumchen
 Strega Nona
 白水社 子供用 チボー家のジャック
 メアリー・ノートンの小人シリーズ 野、川、空の3作。 


 自分のものとしては、
 「花のきもの」読み出したらはまってしまって、続けて読んでいるのが宮尾登美子の「櫂」。
 描写が詳細すぎて、または思い出の一こま一こま全てを漏らしきらずに書ききろうとしている作者の力加減のせいで、なかなか前に進まず、物語のうねりも見えてこない。
 しかしながら高知の下町の風俗を知るのに、これ以上のテキストもあるまい、
 また、少しずつ、読むことだ。
 
[PR]
by souslecieldetokyo | 2010-03-05 20:26 | 古本